東京大学医学部・医学部附属病院 健康と医学の博物館

東京大学医学部・医学部附属病院

健康と医学の博物館

「健康と医学の博物館」は、
東京大学医学部・医学部附属病院 創立150周年記念事業の一環として、
平成23年1月20日に開館しました。

そして平成31年4月に
リニューアルオープンしました。

当博物館は、常設展、企画展、および特別展の
3つの展示で構成しています。

アクセス

館内のご案内

※容量が大きいため(約88MB)、Wi-Fi 環境での再生を推奨します。

博物館開館情報

開館時間:
10:00〜17:00
最終入場:
16:30
休館日:
毎週水曜日 ※水曜を含め祝日は開館
年末年始(12月29日〜1月3日)
入場料:
無料
お問い合わせ先:
「健康と医学の博物館」事務室
TEL:03-5841-0813(開館時間内)
Eメール:mhm@m.u-tokyo.ac.jp

常設展

160年にわたる医学部と医学部附属病院の業績と歴史の中で、特筆されるものを中心に紹介します。

常設展

企画展

5つの展示室から成り、「医療の今を知る」と題し、現在の医学・医療の最新のトピックを紹介しています。

企画展

特別展

現在の医学・医療の中で、一般の方からも関心が高いテーマを取り上げ、わかりやすく紹介します。

特別展