近代から現代への医学の歩み 医学部と附属病院の150年

150余年にわたる医学部・医学部附属病院の業績、歴史の中で、特筆されるものを中心に紹介します。 初期の時代にドイツ人教師によってもたらされた医学書、医療器具を展示し、その後、日本人によって作られた人工癌などの世界的な業績を紹介します。

常設展 フロアマップ

area 1
  • 種痘所開設からドイツ教師の赴任
  • 東大医学部に大きな足跡を残したベルツとスクリバ
  • 世界各国で用いられた色覚異常検査表の開発

area 2
  • 人工がんの発生に世界で初めて成功
  • がんの細胞レベルでの研究に道を開いた「吉田肉腫」
  • 世界を驚かせた胃カメラの実用化

東京大学医学部出身の作家・歌人・俳人
  • 東京大学医学部出身の作家・歌人・俳人
    <iPadによる展示>

area 4
  • IgEの発見とアレルギーの解明
  • 看護婦の採用と育成
  • 東京大学医学部 150年の歴史における顕著な研究業績
  • 東京大学医学部附属病院 紹介DVD
▲このページのトップへ戻る