■博物館のご案内

「健康と医学の博物館」は、東京大学医学部・医学部附属病院 創立150周年記念事業の一環として、平成23年1月20日に開館しました。

当博物館は、常設展示と企画展示の2つから構成されています。

博物館外観
常設展

■常設展

近代から現代への医学の歩み
- 医学部と附属病院の150年 -

東京大学医学部・医学部附属病院のこれまでの業績や歴史を、短時間で概観できる構成としています。

■企画展

現在の医学・医療の中で、一般の方からも関心が高いテーマを取り上げ、わかりやすく紹介します。

企画展は、年に2〜3回の入れ替えを行います。

企画展
5年のあゆみ

開館時間:

10時〜17時
※12時〜13時は休館します。
※最終入館は16時30分です。

休館日:

毎週月曜日および年末年始
(ただし月曜日が祝祭日の場合は開館)

入場料:

無料