特別展 史料で見る東大医学部・附属病院の155年

2013年10月10日〜2014年2月11日

今回は特別展として、東京大学に存在する史料を中心に「東大医学部・附属病院の155年」を紹介します。

155年前といえば、大老井伊直弼が幕政の中心となり、医学では漢方医が主流であった時代です。1858年、83人の蘭方医によって、東京大学の前身である江戸お玉ヶ池種痘所が江戸・神田に興されました。

その後、西洋医学所、東京医学校とかたちを変え、明治期、戦前・戦後、そして今に至りました。この歴史を史料で追います。

今回の展示では、重要文化財に指定されている貴重史料や、初公開となる史料も紹介しています。

幕末〜大正
幕末〜大正 幕末〜大正 幕末〜大正
関東大震災
関東大震災
戦後〜学生運動
戦後〜学生運動
現代
現代 現代 現代
▲このページのトップへ戻る