第1回 感染症への挑戦

2011年1月20日〜2011年6月30日

医学部・医学部附属病院の起源が神田お玉ケ池種痘所にあることに因み、初回の企画展示では「感染症」を取り上げます。企画展示のテーマを「感染症への挑戦」と題し、病原体、関連する疾病など、感染症に関する正しい知識を提供しながら、本学および本学出身者が行ってきた感染症に関する研究、現在の取り組みについてもあわせて紹介します。

第1回 感染症への挑戦 フロアマップ
第1回企画展のパネルと展示物を集約した図録を、データ(PDFファイル)でご覧いただけます。

【注意事項】
こちらのデータ(PDFファイル)は、閲覧用として公開しているものです。プリントアウトなど、複製物を作成することはご遠慮ください。
下記ボタンよりPDFファイルを閲覧される方は、上記注意事項に同意いただいたものと考えます。

(約18MB)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe社のAcrobat Readerが必要です。
こちらより無料でダウンロードができます。

なお、健康と医学の博物館では、受付にて製本版の図録を配布しております。
希望される方は、ご来館いただいた際にスタッフまでお申し付け下さい。
アンケートにご記入いただいた後、希望の企画展のものを1冊ずつ差し上げます。

製本版の郵送は承ることが出来ません。あらかじめご了承ください。

製本版は数に限りがございます。在庫切れになってしまった場合はご容赦ください。

zone 1 感染症とは?

体のなかに病原体が侵入することによって起こる病気を「感染症」といいます。

このゾーンでは、感染症の種類、病原体や感染経路、そして歴史や統計をもとに感染症を概説します。

  • さまざまな感染症
  • 感染症を起こす病原体
  • 病原体の感染経路
  • 病原体発見の歴史
  • 抗生物質の登場
  • 日本の感染症のうつりかわり
  • 途上国の感染症の現状
zone 1 感染症とは?
zone 2 感染症と東大医学部のかかわり

古代から、人々は「天然痘」という疫病に悩まされてきました。江戸の幕末に、西洋医学の威力を知らしめたのが、種痘(現在のワクチン接種)です。当日の蘭方医たちの努力により、お玉ヶ池に種痘所が設立され、これが東京大学医学部の発祥とされています。

このゾーンでは、種痘所の設立から、その後の東京大学出身者の業績を取り上げます。

  • 種痘所の設立
  • 天然痘の流行
  • 天然痘撲滅への道
  • 破傷風菌の血清療法の確立
  • 赤痢菌の発見
  • 肝炎ウイルスへの挑戦
  • フィラリアの根絶
zone 2 感染症と東大医学部のかかわり
zone 3 身近な感染症

現在、我々の身の回りにはたくさんの感染症が存在します。

このゾーンでは、6つの身近な感染症を取り上げ、その現状や治療などについて概説します。

  • インフルエンザ
  • 結核
  • HIVとエイズ
  • HCVと肝臓がん
  • ピロリ菌と胃がん
  • HPVと子宮頸がん
zone 3 身近な感染症
zone 4 医療における取り組み

現在、医療機関での感染防止への取組みは、最重要課題です。

このゾーンでは、実際の手術前の手洗いの様子の紹介から、滅菌用の機器や抗菌薬の紹介、手術着の展示など、医療の現場を紹介します。

  • 手をきれいに
  • ものをきれいに
  • 空気をきれいに
  • 手術着・ガウン・帽子・マスク・手袋
  • 抗生物質による感染症治療
  • 多剤耐性菌の出現
  • 実際の薬剤展示
zone 4 医療における取り組み
zone 5 新たな挑戦

感染症への取り組みは、現在も続いています。

このゾーンでは、東京大学医学部・医学部附属病院が現在取り組んでいる国際的なプロジェクトや、病原体の特徴を利用した新しい治療法の研究など、未来に向けた取り組みを紹介しています。

  • ウイルスベクター
  • ベクターを利用した次世代ワクチン
  • ウイルスを利用した最新治療
  • マラリア撲滅とオリセットネット
  • 眠り病の新薬開発
  • 内蔵型リーシュマニアに挑む
zone 5 新たな挑戦
こちらで公開している情報、および図録データ(PDF)に掲載している情報は、各企画展の開催時のものです。
▲このページのトップへ戻る