東京大学医学部・医学部附属病院「健康と医学の博物館」
寄附のお願い

東京大学医学部・医学部附属病院は、安政5年 (1858年) の神田お玉ケ池種痘所の設立に起源を発し、平成20年に創立150周年を迎えました。創立150周年を迎えるにあたり、私共は記念事業のテーマとして「社会に開かれた医学・医療の展開」を掲げました。「健康と医学の博物館」の創設は、その一つの柱としていた企画であり、約2年にわたる準備を経て、平成23年 (2011年) 1月20日に開館しました。

健康と医学の博物館では、近代から現代にわたるわが国の医学の発展における医学部・医学部附属病院の貢献を紹介すると共に、一般の方々に医学・医療の最新の進歩をよりよく理解していただくための企画展を開催しています。

健康と医学の博物館では、このような内容の活動を行っているところですが、その趣旨をお汲み取りいただき、皆様の寄附によるご支援を賜りますようお願い申し上げる次第であります。

健康と医学の博物館 館長

募集要項

  1. 寄附の名称
  2. 東京大学健康と医学の博物館 整備運営寄附
  3. 寄附を必要とする理由
  4. 健康と医学の博物館では、年2~3回の企画展を開催し、広く社会に医学・医療を紹介するとともに、各種のイベントやシンポジウムを開催していくことを考えております。これらの活動の支援や、博物館の整備と運営費にも充当させていただきます。
  5. 寄附金の使途
  6. 博物館の整備、展示制作費、各種市民向けイベント運営費、運営維持費
  7. 税法上の優遇措置

  8. 〈個人の場合〉
    寄附金額 (所得の40%を限度とする) から2,000円を引いた額が所得税の課税所得から控除されます。又、住民税について東京大学は、現在のところ、東京都、千葉県、神奈川県から寄附金控除適用機関の指定を受けていますので、該当する方は、住民税の控除も受けられます (市区町村でも指定されている場合がありますので、各自治体にお問い合わせをお願いします) 。
    なお、優遇を受けるためには確定申告が必要です。その際に、東京大学が発行した領収書が必要になります。

    〈法人の場合〉
    寄附金額の全額を損金算入することができます。
    ※税金の詳細についてはお近くの税務署、税務相談室にご相談ください。
  9. 寄附お申し込み方法
  10. 受付でお渡しする寄附申込書に、必要事項をご記入の上、事務室まで郵送でお送りください。事務室で受領手続後、振込依頼書を送付いたします。
  11. 寄附金お振込み先
  12. 事務室から送付いたします、振込依頼書に記載のある口座にお振り込みください。
  13. 寄附の金額
  14. 金額は任意とさせていただいておりますが、1口1,000円からとさせていただきます。ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

■寄附お申し込み・お問合せ……「健康と医学の博物館」事務室

住所:〒113-0033 東京都文京区本郷 7-3-1
東京大学本郷キャンパス 医学部総合中央館(医学図書館)地下1F
電話:03-5841-0813
Eメール:mhm@m.u-tokyo.ac.jp
ホームページ:http://mhm.m.u-tokyo.ac.jp/




▲このページのトップへ戻る